おまとめローンのメリットとデメリット

CMでもおまとめローンの名前を聞くようになりましたが、
おまとめローンのメリットとデメリットって何でしょうか。

おまとめローンのメリット
①返済期間を延ばすことで月々の返済額を減らせる。
②現状よりも低い金利でおまとめすれば返済総額を軽減できる
③多重債務を解消できる
④返済日が一本化されるので管理が楽になる。

返済がきつくて困っている場合、それは収入と返済のバランスが取れていません。余計な物を購入したりしてお金がないのは論外ですが。。。 こういった場合おまとめローンをして現状と未来を想定して返済計画を立てればよいのです。返済期間を延ばすことで月々の返済額を減らすことができ、少し余裕をもった返済ができるようになります。

おまとめローンの鉄則です。かならず現状の金利などを確認し、特殊な場合を除いて、それよりも低い金利であればおまとめローンを考えてください。 現状よりも高い金利なのに一本化すると返済総額も増えますので本末転倒になります。

多重債務の解消は、精神的な余裕もうまれ良いことです。多重債務に陥ると中々抜け出すことが困難になるので、出来れば多重債務にならないように返済計画を立てる事が理想ですが、もし多重債務になった際は一度おまとめローンを検討するのも一つの手です。

返済日の一本化は自己での返済把握という意味ですごく管理しやすくなるのでメリットですね。毎月複数社に返済していると、残債がいくらあるのか?実際に借金は減っているのか?など、複数あるが故に曖昧になることがあります。返済が一本化できていれば確認も簡単なので管理がとても楽になります。

上記メリットが多いおまとめローン!間違わなければとても借り手にとってメリットのある商品です。
メリットの多いおまとめローンですが、デメリットがないわけではありません。

デメリット
①返済期間が長くなると返済総額が増える可能性がある。
②返済が多くなる可能性がある。
③完済したことになるが枠はそのまま

返済期間を延ばして月々の返済額を減らせるのはメリットなのですが、デメリットにもなり得ます。返済期間を延ばすといことはその分返済額も多くなるので、トータルしたときに返済額が増えているとうい事もありえます。必ず完済までの返済計画を立てることを忘れずに。
返済計画の目処が立たないのにおまとめするのはお勧めしません。結局支払い不可能になり、債務整理などしなくてはいけなくなります。

おまとめローンはとても人気があるため良いことばかりが先行しています。おまとめローンをきちんと理解しないまま借金を一本化すると痛い目をみます。きちんと金利を確認し、現状よりも返済が軽減されているかを確認して一本化するか検討しましょう。

以外と多いのがおまとめローンをするという事は他で借入れしていた借金を完済しておまとめローンをする会社から新たに借入れすることになるので、 一旦、以前借りていた会社の借金は完済になるわけです。完済しているので借入れ枠はマックスの状態ですので、借りませんか?という電話もかかってくる 可能性があります。今後も借りたいのであればそれで良いのですが、おまとめローンをして借金を完済するのであれば、他からの借入れは0%にしたいところです。誘惑を断つ意味でも契約を解除しておいた方が良いかと思います。

おまとめローンのメリットとデメリットを知っておく

上記でおまとめローンのメリットとデメリットを紹介してきましたが、
状況に応じて検討する必要があります。まとめる事で金利が低くなって返済額も楽になれば良いのですが、きちんとシミュレーションしないまま一本化してしまうと、もしかすると金利が低かった業者のものもまとめてしまい、損する可能性もあります。おまとめローンを利用する場合はシミュレーションして実際に返済がどのように変化するかをきちんと把握しておく必要があります。